20220112

 

 

春には引っ越すから、そのために暇な時は荷物をひたすら減らす

休日の今日、買い物したい気持ちを抑えて、自分のエッセンスを確認するように捨てるものはないか整理し続けた

 

いままで1年以上は開かなかった箱を久々に開けて、元パートナーとの現像した写真、当時の日記、交換日記全部目を通した

涙なしで見られる日は生きてるうちにいったい来るのかと思うほど泣いた、当たり前だけど

 

誰よりもハルのことを想ってることを忘れないで

思い切って自分の信じたコトに突き進んでね

親でも言ってくれんよこんなこと、って言葉が沢山書いてあった(笑)

 

とりあえずこの箱を実家に鍵をかけてしまう準備をしよう

誰にも見られたくないのに絶対に捨てられない

捨てる時は私の葬儀、私と一緒に燃やしてほしい

天国で一緒に読みながらひっくり返るほど笑いたい

 

 

何度も思うけど、もう余生なのよ

若いし、絶対もっと頑張るべきなんだけど、私にとってはもう毎日が余生

 

もう人生充分頑張った、お腹が空いてご飯を食べて心が平和で望むものがちょっとあるくらいで超贅沢、この状態に満足している

 

 

 

 

今日一人で喫茶店でご飯を食べて、自分の商売っ気の無さに気が付いた

 

自分の為に働くとしたら納税できればいい、社員にいてほしくないタイプだろうね

だから、雇われている以上、どこかで違う道がふわっと現れて当たり前なのだと思えた

それが早いか老いてからなのかはわからないけど、きっと道がある

家みたいな場所で椅子だけ置いてネイルがしたい

それが今の環境と違うことだけがわかる

望むものがまだ見えない

30歳までにNYに行ければいい

35歳までには東京を離れたい

 

欲が無いなあ、って思いながら珈琲を飲んでユートピアにいる気持ちになった

 

帰宅してから自分と向き合えるわけもなく泣きまくって、ご時世にびびってる場合かとだけ強めに悟った

 

最新の私が今日の私で、一番進化してるのも今の私

ここからどこに進もう、誰と一緒にいよう、何食べよう

もう好きなことしかしたくないな、毎日思ってるな

 

せっかく生まれて来たのだから、辛い思いもして当たり前なんだけど

だるいなって思えるのも肉体があるからで、行きたい場所があるのもお腹が減るのも肉体を持ってして気を感じているから

気持ちと、気をうまく理解して残りの人生ご褒美だらけにしたいな

 

その前に片付けなきゃいけないことがまあまああるんだけど、それもこれもごたごたも全部生きてるから

もう遊び尽くしたと思いながら終わりたいからまだ人生続くわけです

 

この表裏一体具合、一生続くんだろうね

 

 

 

今回の生理で学んだこと

人のネガティブを勝手に判断しない

向き合う魂の純粋さにちゃんと目を向けること

眠りこけてる人の目を覚そうなんて無駄

一緒にいてあげるしか人間できない、宇宙人じゃないから

忙しさの中でも自分の魂の目的を理解し続けるためにぼーっとしていいこと、身体が勝手に導いてくれて届けてくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20220111

 

仕事仕事の毎日、

鈍ってるのかと思いきやそうでもない、心の隙間からぶち破ってくる魂の手がちゃんといろんなものに結びつけてくれる毎日

 

人生言葉が限られていたらを考えていたけど、もうそんな張り詰めた状況を考えられないくらい自分が柔らかくなっていた

言葉がなくても微笑むだけでいい

自分も愛する誰かに微笑まれるだけでいい

 

苦い思い出ももう遥か昔の誰かの話に感じてしまう

 

もうあの頃求めるものと今が違う、今は癒しがほしい

よく見せよう、悪くなったら言ってやろうなんて微塵も思わない

そのままをただただ受け入れてくれる人に愛されたい

死んでも愛してくれる人に出会おう

 

I miss u 

 

 

 

 

 

 

20220108

 

 

朝電車に乗る時、バレンタインデーに苺ジャム作ってからジャムが乗って焼かれたクッキーを作ろうと思った

浮かれすぎて早く着いたのにお店の鍵を忘れた

 

ちょっと先のことがありえないほど楽しみなのに同じくらい不安

私は春からどんな生活をしているのかな

 

愛が純粋すぎて重くて話が通じないことで嫌われないか心配

 

私は私で成長したいし一緒に生きていくなら尚更って思って、毎日のリセットとか休日の大切さに気がついて、疲れた時は自分の時間が欲しくて泣きそうになる

 

自分のセンターを忘れた気がして文字がなにも入ってこない

まいさんの言葉もぼやけた、まじか、、と思った

でも今日なんだっけって考える

 

私がしたいことは労働じゃないよ、

人と人が出逢う場所=サロンを展開すること

 

 

心の傷を直に見させられた数年で私は何を知ったのかな

優しくなった、意見を言わなくなった、びびりやすくなった、可能性を考えられるようになった、人のことを受け入れられるようになってきた、自分のことを守れるようになってきた、

どれもこれも私だから、誰も私の過去と今を見て何がどうだとか判断しないで

マイペースに、全て自分だから、焦っても頑張らなくてもいい

 

今年は信じたいものを増やす

自分増強の年に

 

自分のことを誰よりも抱きしめて誰よりも愛して

毎日愛を感じて感謝しながら生きる

 

 

 

 

 

 

20211226

 

 

苦しみの果て

2021年はいろんな感情を受け取って常に心が痛かった

嬉しさも振り切れてて悲しみも底なしに穴のように存在して、平和な感情さえもこれでいいのかの自問自答で別に平和なわけではなくて

下手な筋トレくらい身体のことを考えないで動き回った一年だった

 

見事に転職して、27才までにはネイリストになるを叶えた

結婚がゴールだと考えている人間の感情がわかった、もうその台に乗ったのだからもう自分には満足なの、

例え最悪だけど、急にどうにかなろうと夢が叶った満足感のほうが遥かに上

 

だから、これ以上の平和や幸せは私にとって全てご褒美

 

仕事で泣きそうになっても一瞬の耳鳴りで幸せに感じる

私の人生でしか成り立たない幸せの在り方で、説明するなら半日くらいかかる

 

 

ご褒美といえば、来年の楽しみは映画HOUSEof GUCCI

華やかで贅沢な内容だけど、いろいろ乗り越えてわかってきた擦り切れそうな感覚が生きるエネルギーに直結していて、その線にいる人間にしかわからない直結の矛盾、だから私からしたら、このタイミングで全世界で公開か、、、みんな観ような、って気持ち

 

映画との出会いのタイミングってとんでもなくて、映画館に出掛けて適当に映画を観るだけで勝手に自己分析が始まり自分の人生に意味を感じ始まるよね

 

なので、HOUSE of GUCCI、めちゃ、楽しみ

 

 

 

なにかと無敵を更新し続けて、これからも深まる一方だろうけど、いい加減癒されたいな、自分を癒すのも疲れますと思う今日この頃

 

という本心のタイミングで仲良くなったかいとさん

最近かいとさんとしか出掛けてないしひたすら甘えっぱなし

これからずっと一緒にいれるという安心感はないけど今を預けられる安心感は存分に味わわせてもらっている

昔の自分は未来の自分は今の自分を見て何を思うだろうという意味のわからない客観性を遂に捨てて、今の私にはこれを選択することが身の丈にベストなんだと心底思う

 

誰のための人生だ

明日人生が終わると思って生きろ

だの、うるせーよと思う

みんな何も言わず生きてんだ、今日のクオリティが全てなんだからなにも誰も口を開くなと思うほど受け入れられるようになってきた

 

不安だけ捨てて生きたい2022

 

 

 

 

 

 

20211211

 

 

私がジムで走ってた時に冴子ベイビーが産まれ、オープン間近のまいさんが本音をストーリーに書き、雲が綺麗な空で晴れてた

昨日エネルギーがぐんぐん回っているのを感じて感動した

冴子ベイビーのおかげで私の膝は謎な成長痛まで迎えた(笑)

 

ネイリストっぽさを求めてしまってさぴちゃんがいるお店に行って黒のパンツ探したけど、新宿伊勢丹に行きなさいって言われた

東京に住んでるんだな〜って思えて、地元民に東京っぽくなってるって言われたらなんて言い返すか考えた

電車の乗り換えの話が会話に普通に出てくるのがまじで東京って思ってたけど、市役所前の交差点はなんで緑矢印でないんって話と大差ないことだし、とか

 

マルカンにさぴちゃんを誘って終電まで飲んだんだ、昨日

ご飯もワインも誰と行っても満足なのマルカンだけなんだよね、誰にも教えたくないの真逆でみんな食べてみんな、のトップ

 

秋山さんと中山さんがいて、さんざん彼氏がいないことをみんなに言われ、聞いてほしい話なんて飯が腐るほどあんねんあんたなんかに抱えきれんのかこの話、私を落ち着かせるだけの一言でも言ってみろと思いながら赤ワインを飲みました

 

祐天寺住みの人になぜかハグさせられ、アウター着てるからほぼグーフィーと思って、秋山さんが家まで送ってくれて満面の笑みでばいばいした、エモ

 

マルカンの準常連になって、誰よりも年下でありがたいなと感動しながら寝ました、エモ

 

 

気持ちが良すぎて、今日は大きいリングピアスをして髪を下ろしたまま出勤した

顔つきが変わっていく気がした

 

そう、雲って思考を表すらしい

子供の頃から雲大好きで高校の時はずっと雲見ながら現実逃避してた

あっちのほうが綺麗とかこんな雲この間も見たよねとか

何がどういう仕組みで思考を表すのか知らないんだけど、いつも綺麗さに顔が緩む

どんな雲も綺麗だと全部を観察できるマイペースさと、雲の奥に太陽も星もあることを感じられる宇宙時間感覚が自分にはあるんだと思って嬉しくなることなのかもしれない

 

宇宙時間感覚って、今は朝だけど宇宙にはそんな区切りなんてないし見えなくても星が光を放っているパワーを感じられること、私の造語

 

毎日宇宙のことを考える自分に思う、take a deep breathよ

 

 

 

 

 

 

 

20211129

 

 

VirgilAblohが永眠した、41歳

帰宅して寝れなくてインスタを開いたらヘイリーのポストでヴァージルの死を知る

実感が湧かないから寂しい、寂しがっても手応えがないから寂しい

でも世界中のファッション好きがわかってることは、ヴァージルが作ったものを見たときのあの気持ちをもう味わう事ができないということ、積み重なっていくはずの時間と機会がもう幻

 

ヴァージルのストーリーズがほんとに彼の頭の柔らかさをみせてくれてる気がして大好きだった

処理してる情報の多さもわかるし、色の綺麗さとか、きめきってる写真もリラックスしてる写真も潤いを感じるから好き

 

 

誰にも賛成されないし本人にも否定されたけど、あおくんはヴァージルに目線と口角の低さ、鼻が高いところが似てるから、ヴァージルの姿を見るといつもハッとする

まだヴィトンにいた頃のヴァージル特集のpenを読んだ、その話をあおくんにして、私から見ると似てるんですよ〜って上野公園でお花見をかき分けながら話した

似てねえ似てねえって笑われたけど、似てる

 

あと、なんて書いてあったか忘れたけど、考え方、ジャンルの捉え方が似てた

あおくんもピュアでなんの先入観もないからフラットにいろいろ吸収する、嗚呼、急に恋しくなってきた

で、屋上で椅子を並べてお茶を飲んだこともセットで思い出す、泣き

 

 

で、

 

f:id:o87_311:20211129225854j:image

 

やっぱり似てる

服はとても普通で(ヴァージルはぱちぱちだけど)、お顔がとても綺麗で、目線が強くて、リラックスしてて、

好きか〜〜まだ好きか〜〜私はこういう人が好きとまた、まだ、ずっと、改めて考え直してた、昨日

 

考え出したら昨日の午前中ずっと辛くて学校に行けなかった、せっかくお泊まりから急いで帰ってきたけど

41歳だよ、若すぎます

理由を探したいわけじゃないし会社を評価したいわけでもない

ひとつの美しい魂として、もっとのんびり過ごしていたら、パワーの使い方を、と考える、違う今があったかもしれない

こんな天才、どんな場所にいて何をしていても勝手にすごいことになってるに決まってる、時代が違かったら、もうちょっと未来でフィジカルの研究が進んで消耗せずに働けていたら、とたらたら考えてしまう

 

きっと美しい魂だから、またすぐ産まれて地球で遊ぶように暴れることを祈ります

rest in peace☁️🤍

 

 

 

ヴァージルの話おわり

私はヴァージルがショーの最後で泣いている動画を観て、泣いていいじゃん、とあおくんに言いたくなった

私でも見たことない涙だけど、一人だったら泣いてるのかな

涙をも受け入れて、今は落ち着きたいとか誰かと一緒にいたいとか叶って癒されているといいな

 

泣く事が全てではないけど、最善のタイミングで涙が感情のアシストをしてくれる時っていっぱいある、素直に流れる涙の温度すらにも感謝って思えるとよくない?という押し売り

 

あと、無敵が病気によって眠った、ということ

あおくんの心臓の痛みがこわくて私は泣きそうになりながら、長生きしようね、病院の先生に原因だけでも教えてもらおうねっていっぱい言って、病院に行ってもらったことを思い出した

無敵なあおくんも人間、肉体がある以上疲れるしあんなに鍛えていても咳をしたり消化が弱くなったりするわけ

 

同時の私はまだ全てに自信があったわけじゃないから、真剣に生活改善を促せたり、事情聴取だけでもしてみたり、できることはあったんだけど、あんまりしなかった

サポートを欲しいように見えなかったからしなかったまでなんだけど、耳に入れてもらうだけでもしとけばよかったかもと思った

また一緒にいられることがあったら、その時は全力で食生活はサポートしよう、あるかな(笑)

 

 

 

あと、乾燥の季節ゆえに、ストレスを感じると肌をかく癖がある

それを、だめよかいちゃ、って阻止してくる男性は私にとって優しくない

今までのパートナーはちょっと待ってって立ち去ったと思ったら全身保湿してくれていた

その頃の私を思い出すとなんなの!って未だに思う、愛されすぎね、まじで当たり前なんかじゃないんだけど、背中の傷も日焼けの跡も私よりケアしてくれた、ほんまにマハロとしか言えない

 

なので、最近会ってる男性には気の滞りを感じるのでもういい加減終わろうというオチ

 

 

 

 

 

 

 

20211124

 

 

感情を解放させて想いのままに行動することがこれだけ自分にとって幸せにしてあげることなんだなと学びました😌怒りバージョン

どんな感情でも全てそう

怒りに関しては、環境に対する拒絶反応なんだね

 

 

ここ半年どっぷりスピリチュアルな情報に囲まれて生活を送ってます

使いこなせるワードが増え、知り合う人がどんどん変わり、自分の感情の種類も増えたというか器用になって減ったというか

 

 

スピリチュアル界隈の人間は、リアリティとスピリチュアリティー、現実世界と精神世界と言い、

個人に対しては、マインド、ソウル、ボディー、頭、心、身体と分解して表現する

 

マインドとソウルが仲良くなるために、というのを統合と呼ぶ

 

このマインドってのがいわゆるエゴで、細胞や脳に刻まれてきた危機管理能力であったり効率主義であったり環境から得た"常識"といったものが先行するスペース

 

ソウルはもっと素直に求めているゾーン

愛されたい

諦めたい

休みたい

例えが悪いけど、マインドからするとソウルの声は気付いちゃいけない領域みたいな、弱音なんていってらんねぇって跳ね除けられるような心の声だったりする

 

身体とソウルは嫌でも繋がってる

緊張したら脈が上がったり呼吸が浅くなって、楽しい時はアドレナリンが出たり、ストレスを感じていると生理痛が重かったりする

 

 

自分の天命を心得、真剣に統合に向き合い始めた頃からなにがなんだかで全く霊感が強まるわけもなく波動が上がっている感覚なんてなかった

 

でも既に統合出来てたんだなって今なら思うんだけど、意識ある頃から、小学生くらいから私は統合に励んでいた(笑)

なんでだろう、私の納得の為にこの目で見たいってずっと思ってた、言葉に出るほど思ってはなかったけど思ってた

 

さっき人のインスタライブでさらっと、「現実世界を探してもなかったからスピリチュアルにたどり着いた」って言っている人がいた

わかる、ほんとにそうなの

決して現実世界から逃げてたどり着いたわけではないのよ、めっちゃ探したの、飽きるほど自分と向き合って抱きしめながらも向き合って、それでも外からの影響なのか自分のソウルの問題なのかわからないゾーンがあって、私ってなんでこうなのって気持ちと私の本当の可能性を信じている気持ちで抽象しすぎてスピリチュアルにワープしたの(笑)

 

逆に、スピリチュアルなワードを使う人でも、逃げてるなって人とか自我が強いけど真我ではないな、鎧着てんな着せられてるな、とかわかるの

引き寄せを何よりも信じる人は自分のクリーニングをしないし、何かあったら気が悪いとはじく

今の私には良いも悪いもないことが本当にわかるから、その時にどう自分が反応したことにたいして真摯に受け止めて跳ね返さずに汲み取ってあげるかが大事ですね〜〜

エセポジティブが一番八方塞がりで苦しい

同じだけのネガティブを知ってこそのポジティブだから、これぞ陰陽論でしょうなほれって言ってやりたい

 

それこそ、陰陽のバランスとサイズという概念無しに生きてたとしたら、どこかで自分に折り合いという嘘を飲み込ませて生きることになる

陰陽論、全ての始まりなんだけど、それが全てだからそれにて終了ってところよね

 

ずっとずっと自我が芽生え始めた頃から境界線を理解したくて自分に産まれてきた意味を知りたくて思考だけは休まなかった私、ずっとジャーニーしてきてたのね偉い!素晴らしいすぎます!泣き!が今の気持ち。

誰の手引きもほぼ無く、感じたことを全力で感じ切る味わい切る度胸、自尊心めちゃくちゃそれ自体がメディスン。学んできたことナチュラルにできてた〜〜(笑)

 

プロセスでしかないよって言葉も本当にやっと理解できる。泣きだな

人に言われても理解できないって言うより、理解できるくらいの理解度の人に出会ったことがなかった

世の中の通説を最近の自分が覆しまくってて最高に気持ち良いナ(笑)

 

大人が経験から言えることも、言ってる大人を選ぶ権利はいつでも自分にあって、頷いても心底納得してなければ取り入れなきゃいい

頷くだけで理解してくれてると思う人間と所詮その周波数でしかない

本当の周波数を理解している人間なら、この理解がどれほどのものであるか何も言わずしてわかる

悲しいけどこの第六感がパーフェクトに備わってるのに気づかないふりをして大半の人は生き抜く

自分なんてあってないようなものになっちゃう、誰かの判断基準で生きるとは、私の直感で、私の言葉選びで生きる、私の生を貫くとはこういうこと

 

いろんな恋愛をして自分丸出しに慣れて磨きに磨きあげ、削れ、捨てて、装って、学んで、の繰り返しで疲れてるのに生存者には間違いない。心底自分に拍手よ。死ぬこと以外はかすり傷って言うけど、生きてれば学ぶことが必ずあるしそう言ってほしかった。

 

 

まとまりはないけど気づいた事が多くて気持ち良い