20211122

 

 

今日はいい夫婦の日だというのに職場でブチ切れた。あ〜〜これは射手座の仕業だとか思いながら支離滅裂にならずに人を論破する私。

自覚がない人と話すのって難しい、なんの話ってなってた。黒田さんの求めてるクオリティではないかもしれないが急いでないわけではないと跳ね返されてぷつんぷつん首とか頭で毛細血管がきしむ音が聞こえた。こんなに修行しておいて人に簡単にブチ切れるなんて(笑)、

 

学んだことは、怒りは何も生まないということ。世の中改善の余地だらけ、自分も含め。

責任感を負いたくないところに身を置くなんてそもそもそこが私らしくない環境だった。責任感ばんばん感じて頑張れるし効率的に動くの大好きだったんだそうだそうだ

 

アパレルで販売をやっていた時代は、いつお客さんが来るかほぼわからないから、非効率な接客という時間に備えて最大限に効率的に準備をすることが当たり前だった。何もできないんだから、ゴミが落ちてたら拾う、誰よりも掃除するという鬼昭和な会社でよかった。

どこの誰にでも言える、一社目って超大事。

雑巾を手縫いするところから始めさせられ、言葉選びが下手な上司達から見て覚えろと言われてみんなお客さんの民度と違いすぎて頭抱えまくってた。

生憎その辺はするする抜けられた私でも、店頭でお洒落に対するこだわりが人それぞれすぎて人酔いし、全てがどうでもよくなった。

今の私があの頃の私を代弁するなら、もっと尊敬されたい、職業に名前がほしいってかんじ。

 

やっと、来月からネイリストとして生きていける。どこの誰に言っても私はネイリスト。

自分を誇れる職があり、安心して自分のことを語れるって超大事なのかもと思った、時給1100円のアルバイトでは生まれないこの自信、やっと取り戻した、なんなら、テニスばっかりやってた中学生以来のノリかもしれない、10年越し(笑)

 

紀元前4世紀の映画を観て、ほんとに宗教戦争やら奴隷制度なんてない今なのになんでこんなに擦り切れそうになるんや、、と行ったり来たりする

ある意味、血や生が身近である環境のほうが無駄がなくて全てに全力なのだろうね

こういうこと考えるとほんと私はチコちゃんなの?って思っちゃう

 

 

 

この間、転職祝いに温泉に連れて行ってもらって、月明かりだけで露天風呂に入った

吐きたくなるほど気持ちが追いつかなくて、信じられないほど話さなかったのに満足した

 

話が通じるだけで奇跡なのかもしれない、同じ日本語を話していても全く理解できないこともある

そこに熱量を注いでもいいし注がなくてもいい

自分に毒だと思うなら吐けばいい

 

そう、スティージョブズってめちゃくちゃ厳しい人で試作の出来が悪かったら投げつけたって有名な話

それでも人がついてくるっていうのは、明確なビジョンがあって、毎日言葉にして言ってたから、その重要性やジョブズの見えてる世界がすごいからみんな離れなかったわけでしょ

みんなに対していい子ちゃんであり続けるって誰のためよ、やりたいことには正直にいないと、責任が誰にあるとかでもなく

 

新しい職場に入る前に気付けてよかった

未経験の私を迎え入れてくれたオーナーに大感謝

 

さっきまで職場でブチ切れてたのに整った

 

私の毎日はこんなかんじ